実技試験がんばってください

今週末はいよいよ実技試験ですね。
台風で試験が延期になった方は今週末が筆記試験になりますが,どちらを受験される方もがんばってくださいね。

実技で今年変わったことといえば,言語表現にかんする技術の試験の課題が自由ではなく,「うさぎとかめ」「おむすびころりん」「3びきのこぶた」「にんじん,ごぼう,だいこん」から選ぶ形式になったことです。
言語表現に関する技術は,3歳児クラスの子どもが目の前にいることを想定して,目線や声の大きさ,表現のしかたを工夫することが求められます。
また,きっちり3分ほどで終わることが大事ですので,途中で時間になってしまった場合は,続けずにそこで終わりにするようにしましょう。試験の様子などは昨年私が受験した様子が,昨年のブログ記事になっていますので,そちらをご覧ください。

また,「おむすびころりん」の対策は弊社サイトの赤マル福祉にも動画が載っていますので,そちらを参考にしてください。

造形表現に関する技術については,詳しい場面の状況が文章として提示されるようになりました。
今年がどのような形式になるかはわかりませんが,どのような状況でも落ち着いて取り組むようにしましょう。
また,色鉛筆はよく使う色は数本持っていくようにすると,削る手間が省けるので便利です。

音楽表現に関する技術については,途中でたとえとまってしまったとしても,そのまま歌いきるということが大事です。
練習でうまくいっても本番で緊張してしまい,つっかえてしまうと,ついつい最初からやり直してしまいたくなります。ですが,やり直しは厳禁です。そのまま,伴奏がとまってしまっても歌い続け,少しでたらめでも構わないので伴奏を引き続けましょう

以上のことを気をつけて皆さんがんばってくださいね。



当日の持ち物

いよいよ今週末は筆記試験本番ですね!

当日の持ち物ですが,私は次のようなものを持っていきました。

受験票(忘れた場合は再発行してもらえますが、精神的な余裕を保つため、忘れないでいきたいところ)
HB鉛筆数本、シャーペン2本、シャーペンの芯(鉛筆の方がマークシートは塗りやすいですが、折れてしまった時ようにシャーペンと芯を持っていきましょう)
消しゴム2個
○スリッパ、下足を入れるビニール袋(必要ない会場もありますので、受験表を確認しましょう。忘れても貸してもらえます)
○お昼ごはん(勉強しながら食べられるようにおにぎりなどを持っていきましょう。現地調達できないまたは、現地がすごく混む場合がありますので、できるだけ自宅で用意した方が安心。あまり食べ過ぎると眠くなりますので、ほどほどに)
○飲み物
○上着(会場によっては寒いことがありますので用意しておくと安心です)
○扇子(会場についたばかりの時間帯はまだ冷房が効いていなくて扇子があって助かりました)
腕時計(必需品!)
○財布、お金
○タオルハンカチ
○問題集等(直前の勉強用に愛用の問題集と保育所保育指針、それと私は模擬問題を持っていきました)

その他会場で見かけたものとして…
日傘(会場まで駅から遠い時は暑さ対策に)、座布団(邪魔なような気もしますが、リラックスして受けたい人は)、お菓子(ミントガムやチョコなど休憩時間の気分転換にいいかもしれません)、薬(胃薬、かぜ薬など持っていくと安心できるかもしれません)

そして、当日は暑い中遠い会場まであるか無くてはならない場合があります。暑さでまいってしまわないように、前日はしっかり眠り体調を整えるようにしましょう
また、試験と試験の間の休憩時間は次の試験の重要な準備時間です。直前の試験のことはとりあえず忘れて次の試験に集中しましょう。(以外と休憩時間に直前の試験を見返している人が多いのですが、次に備えた方が気持ちよく試験に集中できると思います)

それでは皆さん試験がんばってくださいね。

保育所保育指針は覚えましたか?

全ての科目で共通して頻出される「保育所保育指針」
皆さん覚えましたか?

どれも正解に見えるような選択肢を出してくるなど、細かなことまで聞かれることが多いです。
また、どの科目にも出てくることなので、早めに正確に覚えてしまうことをお勧めします。

保育士試験対策eラーニング・過去問トレーニングをご利用いただいている方は、学習のTOPページに穴空きの保育所保育指針をご用意していますのでご活用ください。
もちろん厚生労働省のHPにも載っていますので、そちらで勉強されてもいいですね。

新!赤マル保育

もうすぐゴールデンウィークですね。
保育士試験を受験される皆さんはもうお申し込みはされましたか?
申請の締め切りは5月14日までですので、期日に間に合うように各種書類が必要な方は書類を揃えましょう
卒業証明書等は発行に時間がかかりますので、余裕を持って取りにいきましょう。

さて、タイトルにもありますが、赤マル福祉のHPをリニューアルしました
それに伴いまして、保育士のe-ラーニングについても、申し込み方法等が変わりました。
なんといっても一番変わった点は…

無料で受けられるようになったことです。


ただし、収録されている過去問は、平成24年以前の8年分です。旧科目による問題です。旧い問題についての解説は平成25年4月段階のメンテナンス後、情報更新しておりませんのでご注意ください。
ですが、詳しい解説もついていますし、模擬試験を1回分受けることができます。
これだけの内容を無料で提供しているなんて他にはありませんので、是非この機会にご利用ください。

お申し込みはこちらから

病児保育の専門資格について

近年夫婦共働きの家庭が増えていますね。
私自身ももし結婚して子どもができても働き続けたいという願いを持っています。

共働きの場合、心配なのは子どもが病気の時です。
子どもが急病でも会社を休めない時に強い味方になってくれるのが、病児保育です。

家を訪問してくれる訪問方や病院などに併設されている施設方などがあります。
昨年度から病児を見る保育士の質を高めようと、「認定病児保育スペシャリスト」が2013年3月からスタートしました。

資格を取得するためには、Web講座の受講と試験、実習が必要です。
子どもの突発てきな病気、体調の変化がわからないと、なかなか病気の子どもを預かるというのは怖いことです。

ますますニーズが高まるであろう、病児保育にあわせて、このような資格を持つ保育が増えていくといいですね。
リンク
パートナー
検索フォーム
QRコード
QR